緑の党・東海

緑の党・東海の新着情報

【2018年度(核時代73年)活動方針】緑の党東海本部

【活動方針】

 私たちは、地球の危機に直面しています。地球の自然と資源を食い尽くしてきたツケとして、深刻な気候変動を起こしました。2015年12月のCOP21で採択され2016年11月に発効したパリ合意を、日本も遅ればせながら批准し、国・県・自治体レベルでCO2削減対策が義務づけられました。

 私たちはますます、身の丈にあった暮らしに立ち戻り、資源を浪費しないライフスタイルと社会を作らなければなりません。私たちは、緑の新しい社会構造・経済構造を作るために、緑の党の政策立案を進めます。

 2018年(核時代73年)は、原発のない持続可能な社会を東海地方から創るために足固めをする年です。そして、2019年(核時代74年)に来るべき統一自治体選挙と参議院選挙で飛躍しましょう。

 また、2018年(核時代73年)は、安倍政権による憲法の平和条項改悪と格差・不公正をストップしなければならない年でもあります。私たちは、立憲野党と連携を強め、東海地方でも最も革新的な政党としての役割を果たしましょう。

  1. 緑の生き方や考え方を広め、地域・日本・地球の環境を守るために
  2.   2018年度(核時代73年)活動方針 主な項目

    1-1

    大量生産の工業製品を避け、健康的な食品を摂り、自然を浪費しない慎ましい新しい緑の生き方・価値観を広めます。

    • 自然派子育て
    • 有機農家や林業家とのふれあい
    • 緑の理念を学ぶ:定常型社会、脱成長、ベーシックインカム、エネルギーシフト
    • 政治ギャザリング、グリーンカフェ、ワークショップ
    • メルマガ・HP・フェイスブック・ツイッター
    • 街頭宣伝
    • 党制作物:ニュースレター、リーフレット

    1-2

    多様な文化・芸術などを通して、心ゆたかな暮らしを楽しみます。

     

    • デザイン、アート、写真、インスタグラム
    • 音楽

    1-3

    脱原発・脱被爆を目指すとともに、核のゴミの地層処分を監視します。

    • 40年老朽原発訴訟、避難者賠償訴訟
    • 核のゴミの地層処分の監視

    1-4

    リニア中央新幹線建設に反対します。

    • 「ストップ・リニア!」訴訟

    1-5

    自然に害を与えるダムや堰の建設に反対します。

    • 設楽ダム、木曽川水系導水路
    • 長良川河口堰

    1-6

    自然を破壊するメガソーラーや大型風力発電の建設に反対します。

    • 知多郡東浦町や四日市市のメガソーラー
    • 米原風力発電所(3500kW✕7基)

    1-7

    地球温暖化対策を国・県・自治体・家庭レベルで進めます。

    • 武豊石炭火力
    • COP21パリ合意による県・自治体レベルのCO2削減計画を監視

    1-8

    生物多様性の重要性を広く知らせ、動物の福祉のあり方を模索します。

    • 動物福祉の研究
  3. 持続可能な地域社会・経済を作るために
  4.   2018年度(核時代73年)活動方針 主な項目

    2-1

    経済成長至上主義から脱却して、エネルギーと資源を浪費しない社会と経済を目指します。

    • エネルギーを浪費しない生産活動
    • 慎ましく自然の恵みに感謝する生活

    2-2

    地域の環境を守り、持続可能な第一次産業を発展させ、循環型経済を目指します。

     

    • 皆伐の原則禁止など林業政策
    • 有機・自然農業の発展
    • 農薬ネオニコチノイドの禁止

    2-3

    再生可能エネルギーへのエネルギーシフトと地産地消を進めます。

    • 原子力発電からのエネルギーシフト
    • 新電力会社
  5. 個人の尊厳を尊重する公正な社会の実現のために
  6.   2018年度(核時代73年)活動方針 主な項目

    3-1

    子どもや若者の命と健康を守ります。

    • 食育基本条例
    • 学校給食
    • 子宮頸がんワクチン賠償訴訟

    3-2

    ジェンダーによる差別・抑圧のない平等な社会を目指します。

     

    • 女性の政治参画
    • 性別に関わらずすべての人がやりがいを持って人間らしく働く

    3-3

    介護・医療のさまざまなシステムと有効に結びつけ、地域で支えます。

    • 在宅介護をすすめる

    3-4

    障がい者福祉の充実を目指します。

    • 障がい者支援事業
    • アールブリュット(芸術の分野で障がい者福祉)
  7. 平和と民主主義の実現のために
  8.   2018年度(核時代73年)活動方針 主な項目

    4-1

    安倍政権下での憲法改正に強く反対し、憲法の平和と民主主義の条項を守ります。

    • 3000万人署名など安倍政権による改憲策動に反対
  9. 緑の組織を強化するために
  10.   2018年度(核時代73年)活動方針 主な項目

    5-1

    自治体の意志決定に積極的に関わります。

    • 岐阜市長選(1/28投票)、あま市長選(4/22投票)
    • 市民公募の行政付属機関などに参画する
    • 県や市町村議会をウォッチ

    5-2

    会員・サポーター・東海フレンズの間の連帯を深めます。

     

    • 例会、グリーンカフェ、政治ギャザリングを地域で:ex. 岐阜、東濃、三重、三河、尾張、名古屋

    5-3

    会員・サポーター・東海フレンズを増やします。

    • 社会運動を通して
    • 街頭宣伝
    • 政治ギャザリング、グリーンカフェや学習会を通して
    • 緑の価値観への共感を集めて
    • ニュースレターやメルマガ・HP・フェイスブック・ツイッターを通して